廃墟的写真と雨の関係など

 

突然だが、雨がすきだ。

ほんとは嘘だ。

雨の日なんて大嫌いなのだが、雨の風景に美しさを感じることもある。

 

たとえばベトナムのジャングルや都市部の夜。

あらゆる面が光を反射し、表情を変える。

ニュースで「おとなしい人だったんですが...」とインタビューで言われるくらいに変わる。

 

路面に街灯が映り込んですてきです。

 

この廃墟感がたまらない。

グレーが深くなり、表情も豊か。

これは雨上がりじゃないと出ない雰囲気。

 

とはいえ、撮影は大変。

カメラは雨でも問題ないが、レンズの前玉にぽちっと水滴がつくと問題有り。

傘さしながらの撮影は面倒だ。

 

だが、成果はこの通り!

こーんな、つまんない交差点が豹変だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です