新今宮の安宿に泊まってみる

 

あいりん地区というのをご存じだろうか。
行政から抹消されたこの地区に対峙するホテルサンプラザに泊まってみた。

具体的な場所は南海新今宮駅の隣。
1泊2000円のサバイバルに欠かせない激安宿である。
カウンターで宿泊料2000円と鍵代(鍵の保証金)1000円の合計3000円を支払いエレベーターへ。
おっと、ここは土禁なのでスリッパに履き替えて靴は持って部屋まで移動。

意外と普通です。
布団や畳も清潔。
窓を開けると道路を挟んで「あいりん労働公共職業安定所」がある。
そう、あの場所だ。

部屋の入り口側はこんな感じ。
暖冷房、テレビ、 DVDプレイヤー、いかがわしいDVD1枚がついてこのお値段。
そういえばインターネットも使い放題だった気がする。

新今宮駅まで徒歩0分の好立地。
屋上には展望大浴場(女性は1階の普通の風呂)があり、22時まで利用できる。
ちなみに24時まで予約不要でチェックイン可能。
ほかのドヤは21時頃が多いが、ここは安心。

後日1800円の部屋にも泊まったが、これはいただけなかった。
窓の向こうに新今宮駅のホームが広がり・・・
早朝からうどんの出汁の匂いと、××線に××行きがまいりますと大音響でやられる。
大失敗だ。これなら公園で寝る方がましである。

もちろん食事は出ないが、炊事場と洗濯機は完備している。
近くにスーパー玉出もあり、まさに宮殿。

朝は少し歩いたところに朝から飲める居酒屋が無数にあり、通天閣の下まで行くと朝風呂をやってる銭湯がある。
ここは通天閣を下から拝める展望露天風呂があり楽しめる。
500円で入銭料とバスタオル・タオルが借りられるセットがあり、遊んだ後にぶらりと行くことができる。
場所柄、立派な刺青の入ったヤクザのおっさんと遭遇できる確率も高い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です