デミオ(DJ)のマニュアルトランスミッション用オイルについて。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-10-44-13

RED LINEのMTL 70W-80を使っています。

%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

マツダ指定のオイル仕様です。

75W-80 GL-4 となっています。

これを満足する物で、100%化学合成オイルとなりますと、このRed Line Synthetic Oil Corporation製、MTL 70W-80しか見当たりませんでした。

GL-5やGL-6といったグレードは最近多いですが、添加剤が最小に抑えられていると思われる、GL-4はあまり見かけません。

長期にわたり使用する機材ですから、部品そのものの耐久性に影響する添加剤は最小限にしたいものです。

以前からマツダスピードアテンザで同シリーズを使ってきましたので、今回もこれを使っています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-10-45-09

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-10-45-36

潤滑油としての性能は高く、低温時・高温時・極低速から高速といった、あらゆる条件でマツダ純正オイルより優れていると考えられます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-10-44-36

長期にわたり耐摩耗性を発揮するので、メンテナンスコストを削減できると確信しています。

 

以前から、ギヤオイルは100%化学合成を使っています。

理由としてはただ一つ、化学合成オイルの金属への付着性からです。

鉱物油に対して油膜は薄いですが、停止して時間が経過しても油膜が残りやすく、境界潤滑が期待できるからです。

いつも30万キロくらいは使いますので。

 

ちなみにデミオで使いますと、ギヤ音がかなり静かになります。

発進時や低速運転時に、結構なギヤ鳴りがしますが、これをかなり低減できる。

メーカーも気にしているようで、最近納入されているデミオには、ドレンパンに遮音材が被せられています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です