デミオ(DJ)のタイヤは、15インチか、16インチか。(2016年版)

未だに15インチを考えてしまうくらいに悩ましい。

実際のところ、15インチの185-65で不満は無い。

だが、一度16インチを使ってしまうと、旋回時のグリップに不満を感じてしまう。

特に雨の日の高速旋回で、16インチとの差を強く感じる。

 

ロードノイズ的には、15インチの65偏平と、16インチの60偏平で違いは無い。

直進安定性的には、15インチの65偏平と、16インチの60偏平で違いは無い。

近くの峠を走ったときの、右カーブ、左カーブと続く切り返しでの繋がりや気持ち良さは、15インチの65偏平と、16インチの60偏平で違いは無い。

高速カーブでの安定性、切り始めの滑らかさ、旋回が終わったときの直進への収束感は、明らかに16インチが優れている。

街中、高速道路で直進しているときの乗り心地は、明らかに15インチが優れている。

 

結局、乗り心地の魅力があるので、15インチに執着してしまうわけである。

おそらく、デミオは本来15インチで設計されていると思う。

これは使っていて感じるのだけれど、バランスとう視点で見たときに、16インチは全くそぐわない。

見た目や、カタログでの栄えを考えると、やはり16インチになってくる。

16インチホイールを装着したモデルは、特別仕様車なのである。

それは、本来の乗り味とは違ってくるだろう。

セールスサイドからの要望なのかもしれない。

 

195-65-15がきれいに取り付けられるホイールを持って来て、それを装着するとどうだろうか。

いまは、そんな事を考えている。

タイヤ幅を広くすることで65偏平での不満を解消できれば、乗り心地と操縦性を両立できるのではないだろうか。

純正15インチホイールに 195-65-15を取り付けると、どうしてもきれいに収まらない。

それはハンドリングに悪影響しか無いだろう。

軽量高剛性な16インチホイールを買うか、高剛性で無難な15インチホイールで195幅を取り付けるか、いまの悩みはそんなことである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です