デミオ(DJ)の乗り心地を改善する勘所(2016年版)

img_7320

デミオって、乗り心地がよろしくありません。

でも気に入って買ったわけですから、何とかして使いたいわけです。

道路のうねりや、段差で、飛び跳ねる様な挙動があります。

最初はダンパーなどの問題だろうかと考えていたのですが、どうも見当違いだった様です。

 

サスペンションは額面通りストロークし、きちんと働いています。

問題なのはボディ剛性の方でした。

デミオはボディ剛性がとても低く、感覚的には剛性感を出して誤魔化してあります。

運転していて感じる剛性感はあるのだけど、実際にはぺらっぺらの紙細工と同じ。

方輪に大きな入力があったとき、ボディ全体がねじれて揺さぶられます。

ボディ剛性が高いと、サスペンションはきれいにストロークし、何事もなかった様に収束します。

デミオはシートがしっかりとしていて、座っても底つき感がありませんし、あと少しがんばれば良い車になります。

 

特に高速道路を走っていて感じることに、細かな揺れがあります。

これは空力的にどうにか可能です。

サイドロッカーの下部に、35mmから40mmくらいのフィンを取り付けます。

フロントタイヤの後ろから、リアタイヤの前まで一直線に45°の角度で両面テープなどをつかって貼り付ける。

グラグラでも明確に効果を体感できます。

 

乗り心地の改善に効果的な項目。

A1:オクヤマ製 フロアサブフレームの取り付け。

A2:15インチタイヤの取り付け。

A3:フロントタイヤ前のスパッツ大型化。

A4:サイドロッカーへのフィン取付。

A5:AutoEXE製 タワーブレースキットの取り付け。

 

特にセンターボディを補強することにより、微振動やギャップ乗り越え時の揺さぶられる感じを抑制できます。

ですが、やはり65偏平のタイヤも魅力的です。

Follow me!

デミオ(DJ)の乗り心地を改善する勘所(2016年版)” に対して 5 件のコメントがあります

  1. kurimori より:

    djデミオ乗りです。うらくまさんのきじをいつもさんこうにさせていただいただいてます。
    サイドロッカー下部に45度の角度で取り付けるとありますが、45度ってどんな感じに取り付けますか?サイドロッカーからボディ外側に45度ですか?

    1. hashimotogiken より:

      そうですそうです、後ろから見ると「ハの字」に見える様に取り付けます。
      ただ、このような角度の部材が見当たらないので、取り付けは面倒だと思います。
      ぼくはロール方向のみの改善を狙って、刃面が真下になるように35mmの樹脂製アングルを貼り付けました。
      高速での直進性は良くなりますが、路面の凹凸にぶつかりやすいです。
      店舗出入り口の段差で何度も割ってます。
      EVA材とか、最適な物を探す必要があります。

  2. くりもり より:

    なるほど。
    貼り付ける位置がよくわかってないんですが、サイドステップ?的な位置に理想は135度開いてる長い材料を貼り付ける感じですね。
    もし写真があれば見て見たいです。
    最近結婚したり、子供が生まれたりで
    金欠な車いじりをしています。
    今は田んぼに使うあぜガードを使用したマッドフラップを作成中です。
    また、わからないことあれば聞いてもいいですか?よろしくおねがいします。

  3. くりもり より:

    お返事ありがとうございます。
    サイドステップ?のような位置に取り付ける感じですよね。
    実は100均のセリアで、黒い樹脂の整理トレーが販売されていて、サイズ的に切り離せれば45度まではいきませんがいい感じになりそうです。8枚購入したので、時間があるときに一列に貼り付けて、つなぎ目を黒のアルミテープで貼り付けて見たいと思います。
    じつは子供が生まれたばかりで、ローダウンをやめ純正車高なのでいい感じにすらなければいいなと思っています。
    もし、今はりつてけてある写真がありましたら、参考に見てみたいです。

    1. hashimotogiken より:

      写真をアップしたので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です