ロードノイズ対策に、制振材は有効なのか。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

各部へカルムーンシートを取り付けてみたが、そこで考察されたことは、制振材は補助的な物であるということ。

 

天井面、フロントドア前部において、その効果は確認できた。

しかし、本来は板厚を上げることこそ、ロードノイズには効果的である。

 

バルクヘッド、ストラット取り付け部、フロア面、このような部分で制振材は無効である。

板厚を上げる、これが一番である。

あとは、そもそも騒音を発しない。

音源がなければ、騒音も無いわけだ。

起こっている振動をどうにかしようという発想自体に無理がある。

 

車内で感じられるロードノイズを低減するには、制振材は必要ないかも知れない。

一番効果がある対策として、気密を上げること。

鋼板同士のつなぎ目をシールする。

 

次に、十分な厚みのある遮音材で包み込む。

20mmという様な十分な厚みのウレタンなどで、バルクヘッドからフロア全面を覆う。

 

色々とやってみた結論がこれだ。

これ以外に、これより効果の得られる対策は無い。

 

カーオーディオ専門店で、訳のわからない制震・吸音材を施工されても、その効果は抗がん剤並みにあやしい。

そもそも音を車内に入れないという方法が、一番なのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です