2018年11月8日

2018年11月8日

起床 6時10分
晴れ

朝 目玉焼き、パン
昼 リンゴ、パン
夜 焼きそば

朝たまごがあると、とても豪華な食事になる。
なかなか良いな。

コンピュータの整理をしているが、データを移動するのに手間取っている。
TB単位のフォルダを動かすのは相当に時間が掛かるのと、インターフェースの制限で思うように行かない。
写真データを移動したら、Mac Proは不要になる。

iPad Proの1TBモデルがあると、持っている本をすべて持ち歩ける。
PDFのデータが250GBあり、それにKindleやJPEGのデータをまるごと。
大きなスクリーンで閲覧したいときは、外部モニターを接続すれば良い。
しかもBGMを流しながら閲覧できる。
これは画期的なことだ。
いよいよ家や事務所に縛られる理由が無くなる。

昨日の高野山での撮影データを見ている。
車が多くて、あの騒音では高野山らしい空気感が無い。
週末の様子は、簡単に想像がつく。
あれでは観光地としての魅力が無い。
大勢で騒音を出しながら、沢山のバイクがやってくる。
とても不釣り合いであることに、本人たちは関心が無い様だ。
みんな帰った夕方からの写真がいい。
高野山は夜がおすすめ。

テレビは人格をいじるのが大好きだ。
どんなにクズでも、世間的に良い行動とされることだけに焦点を当てれば善人に、最高に仕事が出来る議員でも、仕事と関係の無い世間的に劣ったと考えられる人格にだけ焦点を当てれば、不誠実な人間にできる。
事実と真実を上手に操り、大衆の機嫌を操る。
一言で言うと「焦点をずらして報道することが仕事の商売」である。
だからテレビは糞なのである。
それに、メディアの上級経営層に、世の中で起こっている事について詳しい人は居ない。
彼らの興味は、大衆受けする低レベルなネタだけだ。
だからいつの間にか自分たちも馬鹿になっている。

新型iPad ProはSurfaceBook2と違って熱くならない。
スクロールが美しく、ペンもSurfaceより書きやすい。
表示の美しさはSurfaceBook2の方が上。

気がついたことがある。
iPadでAmazonプライムビデオをダウンロードすると、かなり時間がかかる。
ところがChromebookで同じビデオをダウンロードするのは、それよりかなり速い。
どういうことだろう。

フランスパンは美味しいが、飽きてきた。

使える道具の数には、かなり低い限界点がある。
人はそう多くの物を必要としないし、管理できるアイテム数にも限界がある。
持っている物を「使っている、使っていない」で見たとき、かなりのアイテムが使われていないことに気づく。
そこから自分の価値観で必要・不必要を見分けて整理する。

物が減る=やり方がシンプルになる
これって、昔はいろいろ工夫をしていたことと同じでは無いだろうか。
あれこれ出来る道具があるけれど、あの作業にはこれ、その作業にはこれと、道具が増えてそれに振り回される。
結局は無くても同じ事ができる。
いろいろな物を作って売る人が居るから、受け手は自分の価値観で選別をするしかない。

もっとモノを減らすと、どこででも仕事ができるようになる。
最終的に目指すのはここ。
どこででも仕事が出来るから、カフェで仕事をするわけではない。
物が減ると、その物がある場所へ行く必要が減る。
たとえば電話が無くなれば、電話を受けるために事務所へ行く必要は無い。
コピー機が無くなれば、コピーをとるために事務所へ行く必要は無い。
そういうことだ。
いまのところ大きなスクリーンが無いと仕事ができないから、最終的には事務所へ行くとこにはなる。
けれど、大きなスクリーンを自宅や他の場所へ置いておけば、そこでも仕事は同じようにできる様になる。
そのくらい紙が少なくなると、情報漏洩リスクもかなり減る。
メリットは多い。

日常生活で、とても煩わしく感じていることがある。
なにかにつけて、「お会いしてちゃんと説明させてください」と言われて、時間を調整し、待っていたり待ち合わせ場所へ行かなくてはならない。
物を買うという行為はコストである。
もしかして打ち合わせとか説明は、コストと思っていないのだろうか。
時間を調整する「人と会う」行為は、間違いなくコストだ。
物を買うのにカネがいるのに、更にコストを増やされる。
礼儀正しさも、ほどほどに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です