2018年11月19日

起床 5時40分

朝 ローソンのパン
昼 手巻き寿司(ネギトロ・小エビ)
夜 月見うどん、冷奴、ガトーショコラ

雨漏りの音はしなくなった。
ようやく屋根の修理をしている。

今日は講習会のため、朝から森ノ宮へと向かう。
6時に出発したが、交通量は思っていたよりも多い。
そしてこの駐車場、罠の臭いしかしない。
1日700円(8時〜)
深夜300円(〜8時まで)
「1回限り適用。それ以降通常料金100円/1H」と書かれている。
7時45分に入庫したが、300円+1時間100円で計算されるのだろうか。
出庫時の精算が楽しみだ。
少し寝よう。
昨日は疲れた。

安田純平さんの話題が、少し落ち着いたみたいだ。
地域研究の本や安田純平さんの成果物をみたことすらない芸人が、テレビで彼のしてきたことを批判している。
テレビがそんな番組を作っている。
報道機関としての彼らのモラルが、そこに全て出ている。
メディアが弱い者イジメをするのだから、我が国の方向性はハッキリとしている。
権力側につくメディアは、Twitterならブロックして適当であるが、テレビではそうならない。
大衆操作送信機としてのテレビとは、こういうことなのだろう。

交通誘導警備業務2級の事前セミナーへ参加した。
朝9時から18時の予定で、きっちり18時まで行われた。
しかも休憩時間を削りながら、相当に中身の詰まったものである。

内容は幅広く、試験対策のポイントをつまんでくれるので、とてもいい。
正直言って、これでも合格は難しい。
本気で覚えて、本気で演習しないと、まず間違いなく落ちる。

セミナー開始時に模擬筆記試験をしたが、そのときは60点だった。
80名の参加者平均は74.8点。
座学終了後の模擬試験では95点だった。
参加者平均は83点。
6時間ほどでこれだけの成果を上げるとは、講師はなかなかの指導力である。

一方で、実技の模範や、ちょっとした演習は、人数分の大旗が用意されないなど、いまひとつピンと来ないものだった。
これは会社で演習ビデオを見て予習しておかないと、来週の実技講習に問題が生じる。

このセミナーで面白かったことが、いくつかある。
まず、女性の参加者が居て驚いた。
最近は、施設の駐車場や防災センターに女性が居る。
そういうことで、参加しているのだろうな。
制服も、そんな感じのものであった。

その制服、80名の参加者のうち、同じ会社で複数人というのはほとんど居ない。
ようするに80パターンくらいの制服が集まっている。
各社様々で、これは見ていて、とても面白い。
カッコいいやつから、高視認性Class3のキラキラしたやつまで、その業務に応じて様々。
nexcoさんが着ているのも、そんなClass3だ。

40分の昼休みに前のコンビニへ行くと、セミナー参加者がレジに並んで居た。
異なる祭服の20人の警備員が並ぶ姿は、何か滑稽である。
でもよく考えると、20人の喪服姿のサラリーマンも同じだな。
あの黒いスーツはやめた方がいいよ。

警備員と一般サラリーマンの決定的な違いがある。
それは、教育という洗脳をあまり受けていないということ。
サラリーマンというのは、入社してから様々な研修を受けて、それに洗脳されている。
画一化ですね。
警備会社というのは、そこまで体力が無いので、そこそこの研修で終わる。
ということは、ほとんど洗脳されていない。
すると、どういうことになるのか。
隊員それぞれの個性が残っているのですよ。
たとえば今回のセミナーは、広い会議室で80名が受けているわけです。
そこでカレーを喰うやつが出てくるわけですよ。
旨そうな匂いやな。

出庫時の精算は、800円だった。
とくにボられる事も無く。

帰りに和泉図書館へ。
この時間は空いていて良い。
読みたい雑誌をパラパラとめくる。
雑誌を買わなくなったので、デスクに本類が積み上がらなくなった。
買って手元に置いておきたい本だけを買うようになった。

桜珈琲店で、ガトーショコラをいただく。
久しぶりに食べる洋菓子は旨い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です