第51回 大阪ミシンショー

ミシンショーへ行ってきた。

子供の頃、お父さんについて行った記憶があるから、もう40年近く経ったのだろうか。

スマートファクトリーというキーワードが、ちらほらと見受けられるが、見に行ってみると完全にローテクで人力な世界だった。
一つ一つの機械は、こいつハイテクですげーなっていう物ではなく、ハイテクな工作機械で作ったんだろうなという、典型的な工業製品である。
もちろん操るのは人だ。
ある程度自動化されているだろう、そう期待していたが、相変わらず糸切りとかそんな部分しか自動化されていない。
最新の機器展示会であるが、そこには職人の世界が広がっていた。

で、スマートファクトリーという点では、現在の生産量や、このまま夕方まで稼働したときの生産量がわかりますよ、ミシンの設定を一斉に変更できますよ、デザイナーのデータをダイレクトに受け取れますよ、そんなものであった。
信じられないくらいにローテクで驚いた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です