ロードインいずみ

ロードインいずみという商店街がある。

子供の頃、ここは繁栄を極めていた。

遠く堺市や岸和田市からも買い物客が訪れ、週末は人と車で溢れていた。

今は、よくあるシャッター通りとなっている。

ロードインいずみの廻りには、複数の商店街(商店会)がある。

和泉中央商店街の先に、1958年まで市役所があった。

まさに目抜き通りという場所であるが、現在の中央商店街は狭く暗いというイメージで閑散としている。

ニチイがサティとなり移転するまでは、賑わいがあった。

 

現在の和泉府中駅前商店街が整備されたのは、1962年(昭和37年)で、当時は丸井繊維という会社の敷地が2万平米広がっていた。

これを買収し、東京オリンピックを挟んだ昭和40年、和泉府中駅前商店街は竣工式を迎えた。

近代的な商店街で、商業地区と業務地区に8ブロックへと区分整理された、当時、日本一の規模を誇る防災建築である。

それから50年以上の月日が流れ、市に住む人の年齢構造も変化し、駅前に求められるものが変化をした。

 

ロードインいずみが気になりだしたのは、そこにあるヘアーサロンへ行くようになったからである。

ツカモトさんという洋服店の跡地に、地元の森君が.Acc(ピリオドアック)というヘアーサロンを出した。

そこをInstagramで見つけて、客として通い出したという、とても現代的な再会である。

 

実はロードインいずみという商店街は分譲で、各店舗がそれぞれに建物を所有している。

そのため、商店街として似つかわしくない面が見受けられる。

たとえば住宅の玄関。

年をとって商売をやめ、住居として改造してしまった元店舗である。

あとはアーケード内なのに自転車預かり店があったり、性風俗店なのかよくわからないマッサージ店があったり、医療モールかと思うくらいにアーケードの一等地に診療所があったりと、場末感には事欠かない。

 

そんなステキなロードインいずみでヘアーサロンを始めた、森くんや、店長の井野口くんが気になっていたのは、商店街の暗さだ。

うむ、確かに暗い。

ロードインいずみは、22時になると一段照明を落とす。

そしてヘアーサロンは23時まで営業している。

もちろん近隣の飲食店は、夜営業している。

だがロードインいずみ時間で22時になると、アーケード入ったら怒られるムードを醸し出してくるのだ。

いかがなものか。

そうは言っても、19時20時21時は結構明るい。

暗いくらいと言っていても改善が進まないので測定してきた。

ロードインいずみアーケード内 370ルックス

アーケード外側の三井住友銀行側、低い屋根に囲まれた通路で200~240ルックス

数字としても、かなり明るいことが分かった。

では、どうして薄暗く感じるのだろう。

井野口くんが「暗い」と表現する言葉の向こうにあるものを考えてみる。

 

「暗い」という言葉の向こう側には、以下のようなこともある。

・足下も見えないくらいに暗い(23時以降に帰宅するとき)

・陰気くさい(陰うつ)

・ひとけが無い

・薄気味悪い

それらも含めて「暗い」と一言で表している。

空間の暗さは、照明の明るさだけで示せない、雰囲気も影響している。

 

雰囲気を含めた、空間を明るくする取り組みには、やはりまず機器(ハード)的に整備した上で議論しなければならない。

主に、ここへ重点を置いて考えてみる。

 

人が薄暗いではなく、心地よく感じるには、数字的な明るさだけで評価できない。

有名なグラフに、ロードインいずみの測定値をはめ込んでみた。

どうだろう、イメージとして薄暗い地下鉄の駅に近いことがわかる。

陰気くさいのである。

 

ちなみに、和泉中央にあるシティプラザは、3000~3500ケルビンの照明を使っている。

この様に、落ち着いた明るさを感じる。

照度的にはロードインいずみの1/10くらいだろうか。

それなのに、陰気くさいイメージは皆無だ。

これには二つの理由がある。

・先ほどのグラフで分かるとおり、ローソクの明かりみたいな色だと、暗くしても不快に感じない。

・空間の明るさ感は、垂直面(壁)を重点的に照明した方が、心理的な安心感を得られることにより増す。

 

一方、ロードインいずみで使っている昼白色蛍光灯の明かりは緊張感があり、事務所には最適である。

しかし、この明かりは照度が不足すると、地下通路に見られるような薄暗く不快な空間を演出することとなる。

 

空間照度は200ルックスもあるのに、裏路地や地下通路みたいな不快感がある原因は、リラックスできる色温度と照度を外しているだけではない。

通路の反対側の建物が暗いという心理的要因も大きい。

ロードインいずみの外側通路を歩くと目に入るのは、対面にある住友銀行の並びだ。

ここが真っ暗なので、心理的に引っ張られて暗く感じる。

それに、ATMが夜遅くまで稼働しているのに、真っ暗だと防犯面も良くない。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です